FXプライムの評判

銀杏(ぎんなん)の食べ過ぎには注意!って言った矢先に・・・

毎日、少しずつ美味しく、楽しく食べていた銀杏。

袋に残った最後の銀杏が中途半端な量だったので
いつもよりちょっと多めに食べてしまった、うちの主人。

夜中にいきなりモゾモゾとおかしな動きをはじめ・・・
なにやら辛そうな雰囲気。

眠い目をこすって、どうしたの?と聞くと、
「眩暈がする・・・」とのこと。

まっすぐ立つ事も出来ない位フラフラで・・・

一応、そのまま朝まで眠り・・・

起きてもまだ少し違和感が残っていたそうで・・・

原因は何だろう?って考えて、思い当たる節はコレ↓
ぎんなん,銀杏ぎんなん中身

もしかして、銀杏中毒?!

先日、ぎんなんは食べ過ぎると中毒を起すから気をつけようって
そんな記事を書いたばかりだったのに・・・
まさかこんな事があるなんて!(笑)←イヤ、笑ってる場合ではないです

主人は、もう今年は銀杏はイイヤ。。。と悲しそうに言ってました。
あんなに大好きだったギンナンを中毒になるまで食べた事は
我が家の今年の伝説になりそうです。

☆いつもブログランキングの応援クリック♪ありがとうございます♪☆
 ↓↓↓           ↓↓↓
FC2ブログランキング 人気ブログランキング

☆PR☆☆☆
12リットル )936円の格安天然水ウォーターサーバー 『富士おいしい天然水』 水通販,子育てグッズ

2008/12/07(日) | 日記 | コメント(9)

«  |  HOME  |  »

ミルミント

『』

私も以前銀杏を貰って「1日にこれだけにして」と
言われたのを思い出しました。
美味しい銀杏ですがほどほどでないと
中毒になるのしっかりと頭に
入れておきますね。
ぽちっ!!

2008/12/07(日) 21:07:10 | URL | [ 編集]

ちえポコ

『』

旦那様具合善くなったかなー?
銀杏中毒って本当にあるんだね(∋_∈)
実家の父も銀杏焼いて食べるのが好きで昔から私も大好物なんだけど…
結構いっぱい食べてたかも…(°□°;)
おばあちゃんにいつも「食べすぎちゃダメ!」って言われてたのはそのせいかもねー…
これまで何ともなくてヨカッター^^

2008/12/08(月) 11:23:09 | URL | [ 編集]

mogu55

『』

ミルミントさんへ♪
銀杏中毒なんてそんなに簡単にならないと思っていました^^;
美味しいけど、ホドホドにしないと危険です。
今回の事を忘れずに、またいつか食べようと思います。

2008/12/08(月) 11:23:20 | URL | [ 編集]

mogu55

『』

ちえポコちゃんへ♪
心配ありがとー^^
もうすっかり平気みたいだよ~。
食べ過ぎるとよくないよ!と言われている物でも
今までこんな風に体調を壊したものってなかったから
驚いたよ。。。そして焦った。
一番ビビッてたのは主人だと思うけどね~(笑)

2008/12/08(月) 11:25:53 | URL | [ 編集]

飯田

『』

はじめまして。ブログ拝見させていただきました♪銀杏中毒!?初めて知りました。ご主人お大事に。応援ポチっとしていきますね♪

2008/12/10(水) 18:17:45 | URL | [ 編集]

mogu55

『』

飯田さんへ♪
はじめまして。
ご訪問、応援ありがとうございました!
主人はスッカリ良くなりましたが、
銀杏は暫く食べたくなくなってしまったようです。

2008/12/10(水) 18:19:38 | URL | [ 編集]

サクランボ

『』

銀杏中毒があるなんて初めて知りました。茶碗蒸しに一つ入っているのを探して食べるぐらいが・・ちょうど良いのかしら?(=^。^=)

2008/12/11(木) 12:20:16 | URL | [ 編集]

moguo

『』

夜中に目が覚めた時に頭全体と右目がグルグルと激しく回っているような感じでした。寝ていても起きていてもグルグルと回っていてビックリしました。

その後、どうやって再び眠りに落ちたのかも不明です(汗

皆さんも銀杏の食べ過ぎにはご注意くださいませ。

2008/12/11(木) 22:46:56 | URL | [ 編集]

mogu55

『』

> >サクランボさんへ♪
>
> ホント、ちょっとだけ食べるのが安心で美味しいかもです。
> 食べ過ぎ注意!って実感しました~☆
>
>
> >moguoさん・・・♪
>
> 実感のこもったコメント、ありがとう。
> もう二度と食べ過ぎないようにしましょう~(笑)

2008/12/12(金) 11:41:09 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  |